鉄管路上2019_4


一昨日のこと。

この日は、しとしと雨の一日でしたが、 

来週の合宿に向けて、裏山を下見してきました。 

  

  

雨の日って、特別な音や匂いがするから 

お散歩していても楽しいですよね。 


  

子どもは雨の日ほど外に出たがる子も多いですが 

気持ちがよくわかります^^  

  

  

さて、連続してお伝えしている 

「感覚にすなおになる」の生かし方 

今日はその3です! 




合宿や研究室に来るのは、どんな人?
 


今までClassic Labの研究室や合宿に来てくださる方は 

実はほとんどが周辺地域の方なんです。 



はじめは 

「皆さんの住んでいるところも 

同じような環境で 

同じような感覚に出会えるのになぁ」 


と思っていたのですが 

実はそうでもなかったのです。 



参加者からは、いつもこんな感想をいただきます。 


「こんな感覚になったの、久しぶり!」 


「こういうこと、最近しなくなったな~」 


「家に帰ったらやってみます!」 



これはわたし自身、やってみて発見したことでした。 





もともと、こういった環境で感じるもの 

その素晴らしさを体感的に知っているからこそ 

響くものなんだな~とわかったのです。 




では、なぜそんな素晴らしい環境にいるのに 

感覚を忘れてしまっているのでしょうか? 




当たり前になってしまう 




ひとつは、それが当たり前すぎて 

感覚が麻痺してしまうからです。 



いつもいつも感じているからこそ 


小さな頃から当たり前にあったからこそ 


それ以上でもそれ以下でもないのです。 



ちなみにこれは地元出身の方のみならず、 

移住してきた方でも、 

移住歴が長くなってくると 

その傾向があります。 




安心して、感じられない環境 



もう一つは、安心して、感じることができなくなっているからです。 



どういうことかというと、例えば 


・嫁に行って、家族の一員として、「嫁」として周囲から見られてしまう。 


・狭い地域では、いろいろな関係性があり、言動にも気を使う。 


・狭い地域では、なにかするとすぐ目立ってしまう。 



ということです。 



これは田舎の狭い地域だから、余計なのかもしれませんが、実際には田舎だろうと関係なく、「日常生活」の中では、さまざまな関係が絡み合っていて、自分の思うままに、とはなかなかいかないものですよね。 




日常の近くに、ちょっとした余白をつくりませんか? 



日常のなかに「安心できる場所」や「余白」をつくれたら、それに越したことはありません。 

ですが実際は、つくれている人の方が少ないのかもしれないなぁと思います。 



だからと言って、「非日常」というほど、遠くに行ったり、いつもと違うことをしなくちゃいけないわけでも、したいわけでもない。 



日常の近くに、ちょっと。 



そんなふうに思ってくれる方が来てくれていますし、 

そういった方は研究室やワークショップにも 

ちょくちょく遊びにきて、感覚にすなおになって帰ってくれます。 




安心して感覚にすなおになるための、お約束
 


今までのお話だと、 


「周辺地域の方も多いということは、知り合いに会っちゃったり、参加したことやお話したことが噂になったりしないかなぁ」 


という新たな不安が出てきた方もいたかもしれません。 


これも田舎あるある(苦笑) 




また小さいコミュニティの良さでもあるのですが、 

時と場合、一人ひとりのデリカシーにもよるんですよね、これ。 

  

  

Classic Labの研究室や合宿では 

そのあたりは毎回はじめにルールとして 

参加者全員にお伝えしています。 



「合宿や研究室内でお話したことは、外に持ち出さないこと」 



こちらを守っていただけない方には、 

申し訳ありませんが、参加をお断りさせていただきます。 




また、参加申し込みの方法も 

誰でも見れるSNSでの申し込みは受け付けていません。 



フォームからか、直接ご連絡いただく形にしています。 




また、このメルマガやブログを読んでくださっている方は、すでにご存知でしょうが、申し込みまでの文章がやたら長いです(笑) 

  


これらをじっくり読んで、参加したい! 

と申し込みしてくださる方が参加しているので 

今までそのようなトラブルはありません。 



なにより、素敵な参加者さんにきていただいており、参加者同士の刺激や新たな繋がりにもなっています^^ 

  

  

わたし自身もとても楽しくやらせてもらっています。 




ここまで読んでいただいて、興味あり!という方は、ぜひ申し込みでなくても、気軽にお問い合わせくださいね^^ 



ご感想だけでも教えていただけると、大変うれしいです! 



ご感想はこちらの  フォームから 







合宿4月





■「感覚にすなおになる」がテーマの宿泊体験施設・柳の家。 

GWもまだまだ空きがあります。予定まだ何も考えていない~という方、連泊もできます。ぜひ雪国の春を堪能してください^^

yanaginoie_syukuhaku