urayama640



今日もいちにち暑かったですね。


窓の外を見ると、白いちょうちょがひらひら…
電線にはツバメが首をキョロキョロさせながら、周りを伺っています。

あっちにもこっちにも、様々な生き物の気配。

太陽の温かさを喜ぶように、生き生きとしています。


さて、先日開催した「ことばの紡ぎ方」基礎編と応用編。
丸々1日参加してくださった皆様、お疲れさまでした。
そしてありがとうございました^^
 
 
皆さんとの「感覚あそび」は、いつも楽しい発見があり、私にとってもすごく大事な充実した時間になっています。

ご一緒できて、本当に嬉しかったです。




今日は参加してくださったAさんからのご感想を一部ご紹介したいと思います。



「 基礎、応用ともに、自分では気づかなかったけど、「観察している」というのがわかって面白かったです。他の参加者さんの文章と自分の文章が全然違うタイプだったのも印象的でした。」



ありがとうございます。

研究室の中では、フィールドワークを用いながら、「体験」「思考」「表現」というプロセスを経験していただきます。


同じ場所、同じ体験をしても、何を感じ、考え、どう表現するのは人それぞれ。
そしてそれぞれの表現からは、「その人らしさ」がにじみでるのです。


今回も参加者さんそれぞれの視点の違うが現れていて、とっても面白かったですね!


私自身も、いつも過ごしているこの場所で、いつも感覚にすなおになるということをしていますが、やっぱり私には見えていなくて、他の人に見えている面白いことがたくさんあるのだなぁと新たな発見がたくさんありました^^
 



 

「当たり前にやっていること」に気づく 


それぞれが持っている視点というのは、いつもは自然と使っています。改めて意識することがなければ、自分でも気づかずに生きていくことにもなります。

研究室では、その個々の表現プロセスを分解して、整理し、シェアし合うことで、一人ひとりの気づいていないけど確かに「ある」その人らしさを見つけることを、大事にしています。

それこそが「あるものいかす」だから。


今回は参加者さんから、その部分に気づけたという声をいただき、とても嬉しいと同時に、皆さんがこれから紡いでいく表現が楽しみでなりません。



また今回、研究室のなかで実際に書いていただいた文章を、同意をいただきこちらでも紹介させていただけることになりました。
それぞれ、とても「その人らしさ」がにじみ出ていて、素敵な文章です。


次回から一つずつご紹介していきますので、どうぞ楽しんでご覧ください^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーー



Classic Labはわたしからみなさんへ、
一方通行で与えるものではなく、
一緒に感じ、考えていくコミュニティです。


ブログや研究テーマについてのご感想を
よかったら教えてください。



ご感想はこちらのフォームから




■募集中のイベント   

・「家しごとの日」   

柳の家の家しごとを一緒に楽しむ仲間を募集中。「家しごと」が目的なので、おもてなしは一切ありません。自ら楽しむ、関わる、自分のペースで参加する、休むなどのスタンスでご参加下さい。   

*「家しごとの日」についての詳細、目的はこちらのブログ記事をごらんください。   

http://classic-lab.com/37249975  

 

5月29日(水)   

9:00~17:00(出入り自由)   

参加費無料   

持ち物:汚れても良い服装と靴、飲み物、昼食のおかず(主食は釜炊きごはんです)   

参加する方は前日までに、こちらのメールにご返信ください。   

 

 

・感覚にすなおになる合宿   

「けろけろと。夏待ち遠しい、いきものと夏至」  

6月22日(土)23日(日)   

詳細はこちらのブログ記事からどうぞ   

http://classic-lab.com/archives/35871075.html 

■「感覚にすなおになる」じかんを、自分自身にプレゼントしてあげませんか。感覚にすなおになる合宿