障子リメイク


ご無沙汰になってしまい、すみません。  

久しぶりのブログです。   
   
突然ですが、皆さんは梅雨は好きですか?  
私は千葉にいた頃は、ジメジメしたこの季節が嫌だなぁと思ったことがあります。  

でも今では大好きな季節の一つになりました。  

梅雨に入ってからというものの、雨続きで畑仕事ができなくなるぶん、家の中の片付けや手直しを徹底的にやっています。   
   
そう。  
   
「いつものことができない」という状況は、実は「いつもできないこと」「後回しにしがちなこと」に集中できる時間でもあるのです。   
   
   
これは雪の季節に知ったことでもありました。  



つまづきやほころびは直して新しい価値を 


さて、そんなお直しの中でも気に入っているのが、この障子。  
   
障子って気をつけてはいても、ふとしたときに穴が開いてしまうもの。  

柳の家には、お子様もたくさん来てくれるので、穴が開いてしまうこともしばしば。 

お母さんたちも、ヒヤヒヤされているときがあります。  
  
でも、大丈夫。 

こんなふうに、ハギレ布をあてれば、いろどりが加わって素敵でしょう? 
  
実はこれをやりたくて、「どこか破れないかなぁ」と思っていたりもしました(笑) 


もともと、この古民家を所有するときに、「昔の家は自分たちで直しながら使っていた」という話を何度も聞いていました。そして「あるもの」を使って直していたということも。 
  
だからうちの屋根裏には、木材やカヤなどが未だにたくさん残っているのです。 


土壁だって同じ。 
昨年は壁をひたすら塗りまくりましたが、こんな素人の私でも壁って直せるんです。 

誰でも、自分の手を使って直しながら暮らしていける。 

昔の家はそうやって住みついできたんですね。 
  




直した部分は、家と人とのかかわりのしるし  

そうやって、私自身もこの家を直しながら暮らしてみると、直した部分がとても愛おしく思えてくるんです。   
   
プロのように綺麗に仕上がらなくたっていい。 

「ここは〇〇さんと一緒に塗ったなぁ。こんな話したなぁ」 
「ここは●●ちゃんが遊んでて破けちゃったところだなぁ」 

と、そのときの思い出が直した部分に重なってくるからです。 

それは私と柳の家に来てくれた皆さんとの、かかわりのしるし。 
そして柳の家と皆さんとのかかわりのしるしなんです。 
  
この障子のように、目にもいろどり豊かになるのはもちろんのこと、いろんな思い出が重なっていくこと自体が、柳の家にいろどりを重ねてくれているのです。 


もちろん、柳の家を大切に使っていただくのは前提です。 
でも、あまり神経質にならずに、ありのままで過ごしてほしいなぁと思っています。  
  
そしてもし万が一、壊れたり破けたりしてしまったときは、ぜひ一緒に直しましょう。 
  
きっとあなたのいろどりも豊かになると思いますよ^^  




■ブログを読んで、あなたもちいさな研究をしてみませんか? 

 

 

▽今日のちいさな研究テーマ▽ 

「おうちの中に思い出のお直しがありますか?」 

 

・どんな思い出がありますか? 

 

 

 

Classic Labはわたしからみなさんへ、 

一方通行で与えるものではなく、 

一緒に感じ、考えていくコミュニティです。 

 

 

ブログや研究テーマについてのご感想を 

よかったら教えてください。 

 

 

感想はこちらのフォームから 




【イベントのお知らせ】  
旅する絵描き/ヤナギダマサミ個展  
2019/6/25tue~29sat (27wedは休み)  
10:00~17:00(17:00~翌10:00は宿泊者限定)  
@Classic Lab柳の家  

しゃべくり007でも紹介された今話題のイラストレーター/ヤナギダマサミさんが柳の家に滞在しながら個展を開催します。  

販売コーナーでは、  
・ヤナギダマサミさんのイラストやステッカー  
・ハスキージェラート  
・雪下にんじんジュース  
・ほしいも  
など販売します。  

ぜひおやつタイムがてら遊びに来てください。  

遠方からお越しの方は、柳の家にご宿泊もできます。  
詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。  








友だち追加





柳の家宿泊予約バナー