4BBABED2-F65E-4BF0-BFFD-2CE1AF030E60





ポツポツと、雨が降ったり止んだり。   

梅雨真っ只中に突入しましたね。    


とはいえ、千葉に住んでいたときのような蒸し暑さはほとんどなく、梅雨でも過ごしやすい津南の日々です。   



さて、先週は柳の家でイラストレーター/ヤナギダマサミさんの個展を開催しました。    

   

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました^^    



ヤナギダさんも、津南町をとても気に入ってくださったようで、来年もお呼びできたらいいな~なんて思っています。お楽しみに^^    



   

また、今回はヤナギダさんの繋がりで、新潟を中心に活動するキャンドルアーティスト、LMFさんとも共同展示を行いました。    



LMFさんのキャンドルもとても素敵で、火を灯すとまた違った雰囲気に酔いしれてしまいました。    

    


ヤナギダさん、LMFさん、本当に素敵な時間をありがとうございました。   

    

   

   

どんな多様な表現も映えてしまう  

今回このような個展を開催したのは、柳の家としては2回目。  

冬に写真家/中井菜央さんの写真展を開催したのが1回目でした。   



この2回の展示を通して、ギャラリー的な利用も柳の家にはぴったりなんだなと感じました。   



もともと、ギャラリーとしての利用は考えていなかったのですが、どちらもご縁が繋がって実現したもの。   

    


もちろん、面白そう、そして作家さんのご活動や表現に共感するからこそ、お受けしているのが前提ですが、やってみたら、自分自身もとっても楽しかったんですね。  




また、中井さんの展示と、ヤナギダさんの展示は、全く雰囲気の違うものでした。  

中井さんの展示はどちらかというと「静」  

ずっしりと重みのある表現でした。  


ヤナギダさんの展示は、とてもカラフルでポップ。  

反対の「動」というイメージでした。  



そんな真逆とも言えるような雰囲気であっても、どちらも柳の家にはフィットしていたんですよね。  

   




   

雪国のまっしろさが受けとめてくれる


柳の家をなおすとき、部屋をしつらえるとき、私がいつも意識していることは、「雪国」を表現すること。    

    


一面まっしろになる、何もかも吸収してしまうような、あの冬の景色を感じられるよう、なるべく〇〇らしさは出さず、白を基調に季節のものをしつらえることを大事にしてきました。   

    


そういった空間では、柳の家のコンセプトである「感覚にすなおになる」状態に入りやすいという意図があります。  



また、それだけでなく、今回のような人それぞれの表現の場としても、どんな多様な表現もすなおに受けとめ、そのまっしろさをベースに映えさせてくれる。   


そんな場所にもなりうるのだなと改めて感じました。  







表現してみませんか?

実は個展に関わってくださった方や、遊びに来てくださった方たちと、「こんなことしたいね!」というお話がちらほら出ています。    

    

柳の家は、どんな多様な表現も受けとめる特性を持つ場。  

ぜひ、あなたの小さな表現の場としても、使ってもらえたらうれしいです。   

    

お問い合わせは、お気軽に^^  


contact@classic-lab.comまで  








 

■ブログを読んで、あなたもちいさな研究をしてみませんか? 

 

 

▽今日のちいさな研究テーマ▽ 

「表現したいものはありますか?」 

 

・どんなこと? 

・表現によって、何を伝えたい?

 

 

 

 

Classic Labはわたしからみなさんへ、 

一方通行で与えるものではなく、 

一緒に感じ、考えていくコミュニティです。 

 

 

メルマガや研究テーマについてのご感想を 

よかったら教えてください。 

 

 

感想はこちらのフォームから