ことばの紡ぎ方ゼミ





昨年より開催してきました「ことばの紡ぎ方」研究室。
今年度に入ってからは、基礎編・応用編と分け、土台となる考え方、そして実際に書いてみることでイメージを掴んでもらう、という2ステップでお伝えしてきました。 
 

ありがたいことに、思いのあるみなさんから参加していただいて、みなさん一人ひとりの内側から紡がれることばたちに出会い、私自身も充実した時間となりました。

 
そんななか、研究室に参加してくださった方の様子やご感想を聞いていて、こんなことも思いました。
より継続的に、トレーニング的に「ことばを紡ぐ」というプロセスがあるとより「ことば」が自分のものになること。

また、一人ひとりの「あるもの」=「興味や得意」が違うため、より個別のフォローがあるといいなぁということを考え始めました。


そこで、今までに「ことばの紡ぎ方」研究室にご参加くださった方を対象に、より個別に各々の「ことばを紡ぐ」から「文章を書く」というステップを一緒に歩む「ゼミ」を開講することにしました。 


kotobazemi-illast1

kotobazemi-illast2




 
 
詳細


・10中旬〜11月の間で全2回のゼミ形式
(日程は参加表明の方の希望日に合わせる形で設定します)

・ゼミ期間全体を通して、一つの文章を書き上げていただきます。

・ゼミの流れ

①事前課題(書きたいテーマを決める)

②ミーティング1日目(10月実施予定)*3時間程度を予定
・文章に綴るときの、ポイント
・テーマ、書きたいことの深堀りワーク
*参加者同士の気づきのワークを中心に行います。

③次回ミーティングまでに、1回目のミーティングをもとに文章を書く

④ミーティング2日目(11月実施予定) *3時間程度を予定
書いてきた文章を互いに見合い、フィードバックする。
諸岡からのフィードバック

⑤おまけ
添削チケットプレゼント
今回書き上げた文章をさらに編集し直したものへの添削、または他の文章への添削に使えます。


・定員 4名

・参加費(当日現金払いとなります)
一般  19000円
研究員 15000円
(講師代、会場設備代、お茶代)+添削チケットプレゼント


・参加資格
9月末までに以下のいずれかの研究室に参加したことがある方
「ことばの紡ぎ方・基礎編」
「ことばの紡ぎ方・応用編」
「書くのが楽しくなる、ことばの紡ぎ方」
「自分の思いを表現する、ことばの紡ぎ方」
「わたしらしさが伝わる、ことばの紡ぎ方」

まだ研究室に参加したことがないけれど、気になる!という方。
9月27日(金)に「わたしらしさが伝わる、ことばの紡ぎ方」研究室があります。まずはそちらにご参加ください。

わたしらしさが伝わる、ことばの紡ぎ方


・申し込み期限
2019年9月30日(月)




一人ひとりの特性に合わせたフォローをするために


今回は、お一人おひとりの「あるもの」を伸ばしながら、その人らしい文章を紡ぐことを大事に進めていきます。ですので、限られた定員での開催となります。

また、事前の課題や、1回目のミーティングの後にご自身で文章を書き上げていただく「宿題」が存在します。
ミーティングの時間は限られており、各々の特性に合わせてお伝えできることにも限りがあります。
ミーティング前に、各々で考えてきていただくこと、事前に提出していただくことで、わたしからはより個々に合わせたフィードバックをミーティングでお伝えしていきたいと考えています。

参加を検討される方は、ぜひご自身のより充実した学びをつくるため、ご協力をお願いいたします。






誰に、なにを、伝えたいのか

わたしが得意とするのは、主観的な文章です。
今回は実践的なゼミなので、全体的な文章構成や基礎的なこともフォローはしますが、わたしの編集で一番大事にしているのは「わたしの視点が入っているか」です。

どんなに素晴らしい構成の文章も、「わたし」が入っていないものは誰の心にも響きません。
(もちろん、事実を残していくような記録的な文章も存在します)

あなたはなぜ書きたいのですか?
誰かに、伝えたいことがあるからではないですか?

そのためにどんな文章が「わたしの視点」で書けるか。
今回のゼミはその部分を中心に、みなさんと研究していけたら嬉しいです。




一緒にもう一歩踏み出してみませんか


今回、宿題も多く、コミットする期間が長いので、ハードルが高いなぁと感じるかもしれません。
ですが、実際はお一人おひとりにあったサポートをしていきますので、ご自身のペースで進められると思います。
難しいことは、なにもありません。
やってみるか、やらないかだけです。
 
 
わたし自身の経験上も、時間もお金も使って学びに行った講座は、そのぶんとても充実していて後々自分の糧になっているものがとても多いです。
だからこそ、わたしに提供できることも、本当に必要としている人に心を込めてお届けしていきたいと思っています。 
 
 
「文章を書く」ということは、話だけ聞いていても、なかなか筆が進みません。(わたしもそうです)
だからこそ、一歩踏み出して実践してみませんか。
「あ、自分てこんな言葉で文章が書けるんだ」
そんなわくわくするような自分の可能性に出会う時間となれば、うれしいです。


最後に、こちらのゼミは次回の開催は今のところ予定していません。
もし気になっている方はぜひ、この機会にご参加いただければと思います。



それでは、ご応募おまちしております。


ことばの紡ぎ方ゼミ申し込みフォーム






*諸岡江美子の執筆記事はこのブログ内、または雪の日舎で読めます。