iju_ukeire1
連続して「移住するときに大事なこと」をお伝えしてきました。

わたしが移住者として5年暮らしてきて、実感していることを中心に。 
と同時に、5年も暮らしているとわたしの後にも移住してくる人たちがちょこちょこ増えてきました。 
 
移住者であるとともに、少しずつ移住受け入れ側にもなってきたのです。


 
そんな経験も踏まえて今日からは、移住を受け入れる側にとって大事だなと思うことを、お伝えしていこうと思います。 
 

ついこないだも地域の方と、移住したいという方に対して、どう対応しようかと話していました。
そんななかで移住を受け入れる側として、大事なポイントがいくつか浮かび上がってきたので、まとめておこうと思います、
 
 
 
「もしいつかここを離れるとしても、ここに来てよかったと思ってもらいたい」


わたしが暮らす津南町の三箇地区は、いつかここを気に入って住んでくれる仲間を増やすことを最終目的として、さまざまな交流事業を行なっています。 
 
そんななかで「移住したい」と言ってくれる人は、私たちにとってはとてもとてもうれしいことです。 
 
でも、実際に「移住したいんです」と言われると、地域の方は「ちょっと待って」と言います。 


移住してもらいたいって言っているのに、なぜ? 
わたしもはじめはそう思いました。

 
でも地域の方はこう話してくれました。 
 
 
「よくよく考えてからにしなさい。 
それで、家族を説得してまでこっちに来るのなら、私たちもよくよく考えて受け入れなければいけない」


ここまでは誰でも言えるかもしれません。


「ただもし数年後ここを離れることになったとしても『ここに来てよかった」と思えるように、地域で受け入れしたい」


このことばを聞いて、あぁさすがだなぁと思いました。 
 
 
このことばは、わたし自身が移住してくるときにも、言ってくれたことばでした。
 
 
 

ひとりの人生として、尊重してくれる

移住してくる身としては、その地域を気に入っていたり、興味を持っているから移住したいんです。
できればそこでの暮らしが充実して、ずっと住めたらいいなとは思っています。


でも、なにか合わない部分があったら……

家族の事情で地域を離れなきゃいけなくなったら……
 
ずっとここに住めるだろうか……
 
 
きっとみんな多かれ少なかれ、そういった不安は持って移住してきます。 
 
 
 
もし、ここを離れることになったら……
地域の人をがっかりさせないだろうか……
 
 

そんなとき、 
 
 
 「もし数年後ここを離れることになったとしても『ここに来てよかった」と思えるように、地域で受け入れしたい」


ということばは、とても心強いものだと思います。



それは地域の方が私たちのことを、単なる「移住してくる人」として見ているわけでなく、「〇〇さん」というひとりの人生として 尊重してくれていることを感じられるからです。



 わたし自身、移住する最終的な決断に至ったのは、このことばが大きかったと思います。
こんなふうに言ってくれる人は信頼できるなと思ったし、こういう信頼できる人がいる地域なら行ってみたいなと当時も思いました。 




そしてそれは、5年経ったいまでも、変わらずに地域の人のことばとして存在していました。
 
 


互いのフィルターを外す

 「ひとりの人生として尊重する」 
 
ごく当たり前のようで、実はとても難しいことなのかもしれません。 


移住者に対して、
「定住してくれるだろう」
「結婚して子どもを産んでくれるのが理想」

地域の人に対して、 
「人口減少している地域だから、移住者はありがたいだろう」
「定住ばかり求められる」

 
私たちは互いにある意味フィルターをかけていたり、
過度な期待をかけてしまっていることもたくさんあります。 
 
 
「移住者だから」
「地元だから」


ではなく、一対一の人生として互いに尊重することが、移住者にも地元民にも必要なことなのではないでしょうか。



以前もあるインターンの報告会に行ったとき、とある集落の代表の方がこう話していました。
 
「まずは、お互いの幸せを考えることが大事」

「わたしにとってのしあわせ」を知ることから、すべては始まる。〜にいがたイナカレッジインターン報告会で感じたこと

自分のしあわせ、そして相手のしあわせを考える


実はシンプルなことができているか、が大事なのだと思います。







■柳の家のある三箇地区で移住体験ツアーを開催します^^ 
「自分たちも楽しく、来る人にとっても楽しく」そんな地域の方たちと一緒に、秋の津南を楽しみませんか?まだまだ参加者募集中です。 
本格的に移住を考えていなくても、大丈夫です!ぜひ気軽に遊びにいらしてください。

移住体験ツアー



\「自分のしあわせ」を見つけるきっかけになる合宿/

感覚にすなおになる合宿「ころころと。葉っぱおどる秋」
▲詳細・お申し込みはこちらの画像をクリック





\地域の方とふれあえるイベントも/
*柳の家ご宿泊の方限定

笹沢会ウォーキングバナーリンク
▲紅葉見頃の津南を、地域の方と一緒に歩きませんか?^^
詳細・お申し込みはこちらの画像をクリック

 三箇収穫祭バナーリンク
▲三箇地区が一同に会する秋のイベントを準備から一緒に楽しみませんか?
詳細・お申し込みは画像をクリック







友だち追加





柳の家宿泊予約バナー