連続してお伝えしている、移住受け入れ側に大事なこと、その②は「人によってサポート方法は違う」です。 
 
 
 わたしの移住した津南町三箇地区の世話人さんは、わたし(地域おこし協力隊)を受け入れるにあたって研修会に行ってどんなふうに受け入れたらいいのかを勉強してくれていました。
 
 
その研修会では、受け入れ側の地域の方の話と、移住者側の人の話を聞いたそうです。 
 
その中で「どんなことがうまくいかない原因なのか」聞いたところ、

「いろんなことを言われすぎていやだった」 
「何も言われなさすぎていやだった」

という真逆の二つの意見だったと言います。 
 
 
それを聞いた世話人さんは、どっちでもダメなんだ。
来る人に合わせて距離感を考えなければいけないんだ。

そう考え、わたしに対して様子を見ながら距離感をとってくれていたようです。 
 
 
わたし自身の印象としては、

「やるべきことや言うべきことはしっかりやってくれて、わたしの時間やプライベートも尊重してくれている」

という感じでした。 
 
いろんなお誘いをいただくなかでも、

「空いていたらで構わないよ」
「無理しなくていいよ」
「もしよかったらおいで」

と、こちらが自分で選択できるような誘い方をしてくれていたので、負担に感じることもなかったですし、何か困ったことがあれば聞ける関係性にあったと思います。 
 
 
 

その人に合わせたサポートが必要
 
移住してくる人も十人十色。
一人ひとり違います。 
 
 
「移住してくる人って、どんなことを求めてくるの?」


と聞かれることも多いですが、人によって本当に違うんですよね。 
 
 
以前、「 移住を考えるときに大事なこと その②「なんのために移住する?」 という記事で書いたように、何を求めて地域へ来るかは人それぞれです。 
 
 
 
そんな移住者に対して、どういうサポートをしたらいいか。



それもまた様々なんです。



例えば、
「ゆっくり地域に馴染んで、やりたいことを見つけたい」
という方には、

「焦らず、ゆっくり暮らしていけばいいよ〜」
と暖かく見守ってくれるのは、とてもありがたく暮らしやすいです。

iju_ukeire_point2a


反対に、
「こういうことをやりたくて来たんです」という方には、

「どんどんやりたいことやってくれ」と言ってもらった方が暮らしやすいですよね。 
 
 iju_ukeire_point2b



それが例えば真逆のサポートだったら……
 
 
 
「わたし、地域にもっと貢献したいんです!」という意欲のある人が来たとして、

地域側は「そんなに焦らなくていいよ〜。ゆっくり地域に馴染んで」というサポートだったら……
 
 iju_ukeire_point2c

もちろん地域側には悪気はないし、むしろ心配してくれているのだろうけれど、移住者側からしたらやるせない気持ちになるんです。



せっかくわくわくして前向きだった気持ちを、ポキっと折られるような。
 
 
 
その噛み合わせがうまくいかないと、移住者と地域側にズレが生まれてしまうんだと思います。



移住して来た人が、どんな特性を持った人なのか。
そこを見極める洞察力が、受け入れ側にも問われているのではないでしょうか。





「こんな人に来てもらいたい」を明確に

 
また、移住者がさまざまであるのと同じく、地域もさまざまです。
 
町の中心部と山間部の集落では、雰囲気も住民の暮らし方も違いますよね。

例えば、移住窓口があるならば、移住相談に来た人がどんな人なのか聞き取りをした上で、その人にはどんな集落が合うのかをマッチングすることが、互いにとってとても重要だと思います。


そのときに、地域側も自分たちの集落がどんな暮らしをしていきたいのか、守っていきたいのかを明確にしていること、その上でさらに言えば「移住者が来るなら、こんな暮らしをしたい人に来てほしい」ということを明確にしているほど、窓口の担当は紹介しやすくなります。 
 

少しハードルが高いかもしれませんが、人ひとりの人生を考えるからこそ、そこまで考える必要があるとわたしは思っています。



少しでも、移住者と地域側のよいマッチングが増えますように。






■柳の家のある三箇地区で移住体験ツアーが開催されます。 
三箇地区では、地域の人たちと同じように、自然とともに暮らしたり、田んぼや畑をできる範囲で一緒にやりたいと思ってくれるような方が増えたらいいなと思っています^^
もしそんなことに興味があれば、一度遊びに来てみませんか?

このツアーはまだ本格的に移住を考えていなくても、大歓迎のツアーです。
詳細・お申し込みはこちらの画像をクリック↓
移住体験ツアー



\その他、募集中のイベント/
感覚にすなおになる合宿「ころころと。葉っぱおどる秋」
▲自分の「好き」や「あるもの」を見つけるきっかけとなる合宿。
申し込み締め切りは10/16(水)いっぱいまで。
詳細・お申し込みは上記の画像をクリック



\柳の家にご宿泊の方限定!地域のイベントに参加しませんか?/

笹沢会ウォーキングバナーリンク
 ▲紅葉真っ只中の津南町のお山の上を、地域の方と歩きませんか?
お昼は特製ステーキと豚汁をみんなで食べます^^ 
朝早いので前泊がオススメ^^
詳細・お申し込みは上記の画像をクリック


三箇収穫祭バナーリンク
▲三箇地区が一堂に会するイベントです。準備から片付けまで、地域の方と一緒に交流しませんか?^^ 
詳細・お申し込みは画像をクリック^^

 






友だち追加





柳の家宿泊予約バナー