【フリアコ日記とは】
フリーアコモデーション(滞在費の代わりに、柳の家のお手伝いをしていただく制度)で滞在した方から寄せられた日記を、こちらでご紹介します。



ーーーーーーーーーーーーーーーー

image1


わたしは
1011日〜10月17日まで、classic labさんにて、フリアコモーデーションの制度を利用し滞在していました。



11月〜津南に引っ越しをすることがきまっていたので、その諸々の準備が主な滞在理由です。



滞在中家主さんの食事作りを手伝ったり、手仕事を手伝ったりしていました。



私の普段の生活は、電化製品を使ったり、スーパーで食材を買うことがごくごく普通のことだったので、お鍋でのご飯の炊き方や、手作りの納豆を藁で作る方法を教えてもらった時は、"自分でもこんな風に作ったりできるんだ!"とゆう新たな発見に出会い、子供の頃のような知る喜びの味わうことができました。

あの、ワクワクする感覚です。



今までは忙しく働く環境にいたので、気づくことができなかったワクワクする感覚が、柳の家では感じることができます。 



滞在中に台風が来たこともあり前半は雨の日が多かったですが、天候もよくなり晴れた日には、朝から日の日差しが本当に気持ちよくて。

 

わたしは、柳の家の周りから聞こえる水の音がすきで、朝淹れたモーニングコーヒーのマグカップ☕️を持って家を飛び出し、水の音を聞きながら、ひなたぼっこをしたりしていました。



自然の醍醐味とゆうのでしょうか。

 

好きな場所で、好きな音を聞きながら、好きな飲み物を飲む。
少し変わったように見えるかもしれませんが、衝動が止めれずほっこりした時を過ごしました。



image2


なんの纏まりもないような前置きとなりましたが、伝えたい想いとしましては、自然の恵みや、自然の音色。

昔からある生活の知恵や工夫。

これらのことが、柳の家では、感じる事ができます。



実は私、約一年前から4度ほど津南に足を運んでいるのですが、この''あるものの感覚'を自分の中で心地いいんだと気づいたのは、つい最近だったんです。ある日突然'はっ!'として、家主さんの言葉がスッとわかるようになりました。



皆さんにも、この感覚を共有していただければ、非常に嬉しくおもいます。



また、滞在中に、台風による災害で、津南でも被災した所がありました。避難されている方もいらっしゃって、地域の方などが支援に回る姿などはとても心が暖かくなりました。

 

私もこの地で、地域のみなさんの為にできること、少しずつしてゆきたいとおもいました。

 

学ぶコトを楽しみながら、できるコトからコツコツと。




A.K



ーーーーーーーーーーーーーーーー




Aさん、ありがとうございました^^ 

滞在中は移住準備もあり、仕事のお手伝いをしていただくというよりは毎食のごはんの準備をお願いしていました。(お料理も好きです!とのことだったので) 
 
こんなふうに、滞在中の過ごし方、お手伝いの仕方は参加者の方と相談して決められますので、ぜひご相談くださいね。 
 
さて、Aさんは日記にも書いてありますが、この1年間で4度柳の家に足を運んでくださいました。(3回はお客様としてご宿泊いただきました) 

そのなかで、私がこの地域を好きな理由でもある「あるものの感覚」

これを感じとってくれたことがとても、とても、うれしいです。 
 
たった一度の滞在だったら、きっと気づかなかったこと。
なんども通っているから、気づくこと。 
 
季節の変化に合わせて、変わっていくもの、そして変わらないもの。 
 
それぞれの美しさや豊かさは、この地域特有の魅力です。 
 
そうやってこの地域が、誰かにとっての好きな場所のひとつになってくれること。 
 
Aさんのように、「住んでみたい」と思える場所になったことは、私自身も柳の家をはじめて1番うれしかったことかもしれません。 
 
ありがとうございます。 
そして、これからも地域を楽しんでいきましょうね^^


 
 
えみこ






 








友だち追加





柳の家宿泊予約バナー