Classic Lab~雪国の暮らしを紡ぐ、研究の日々

毎年3~4mの雪が積もる豪雪地に移住。夫は車で1時間半のこれまた豪雪地で別居、行ったり来たり生活中。雪国の知恵や暮らしのエッセンスを現代に紡ぐエッセイ。田舎暮らし、二拠点生活、古民家再生、地域おこし協力隊、地域の編集、家族とパートナーシップ、子どもといる暮らし。

カテゴリ: 農ある暮らし

窓の外からは、ゲコゲコとカエルの鳴き声。  「田植えが始まるよ~」と教えてくれているようにも聞こえます。  柳の家では田んぼはやっていないのですが、周りのおうちは来週くらいから始まる田植えに向けて、この土日は代掻きや畔の草刈りなど大忙し!  この1週間く ...

今週の土曜日、5/11は家しごとの日として柳の家をオープンします!  時間は9:00~17:00(だいたい。早く終わることもあります)  11日は午前中はジャガイモ植え  午後は地域の方と薪運びの予定です。   参加費は無料。  何時にきて、何時に帰ってもOK  作 ...

  春分の日を迎え、日が長くなったなぁとうれしくなる今日この頃。  津南町では雪もだいぶ溶けてきて、茶色い土が顔を覗かせています。  そんなここ何日かで、そこここで始まっているのが「雪下にんじんの収穫」  まだまだ真っ白な畑の中に「ポコッ」と箱型に雪がな ...

津南町では春のような陽気が続いていましたが、今日は久しぶりに雨が雪に変わりました。なんだか久しぶりすぎて、ちょっと見とれてしまいます。  そんな昨日は、来週12日のみそづくりワークショップに向けて、大豆農家の佐藤さんと試作・手順の確認をしました。 (諸岡家の ...

冬支度も終わり、ふうと一息ついています。 そんなおととい、楽しみにしていた「あるもの」が届きました。 送ってくれたのは新潟市西蒲区福井集落で活動する「土筆舎」の唐澤さん。 同じく福井集落にある「まきどき村」という 毎週日曜日の朝6時から、畑仕事と朝ごは ...

↑このページのトップヘ