風


9月から2ヶ月に渡り開催してきたオンライン合宿。
 
 
今日、最後のミーティングがあり、ほぼ全ての過程を終了しました。
 
 
オンラインでの開催は初の試み。 
私自身も「どうなるだろうか」と不安と期待のなか、進めてきました。 
 
 
いま思うのは、やっぱりやってみてよかった!ということ。 

その理由は、

1. このプログラムは何度やっても面白い
2. オンラインだからこそ、できることがある 
 
ということが実感を伴ってわかったからです。 
 
 
 
このプログラムは何度やっても面白い

自分で言うのも恥ずかしいのですが(笑) 
毎回やる合宿のワーク。
これ、本当に何度やっても面白いんです!

私自身も進行しながら、参加者の皆さんと一緒にワークをやってみるのですが、毎回新しい発見があるんです。 
 
ワーク自体は同じでも、行う季節や天候という周りの環境も、自分自身の状態も変化しています。 

何度も何度も行うことで、そういった周りや自分の変化にも気づくことができるのです。 
また、「変わらないもの」にも気づきます。


私は今回の合宿で、いろいろな感覚に出会ったのですが、それらの多くが「風」にまつわることでした。
思い返せば、今までも直接的にも間接的にも「風」にまつわることに敏感だったのです。 
今回そのことに気づき、私は「風」へ意識が向きやすいということを自覚しました。 
 
「私は風が好き」ということは季節や場所が変わっても、変わらないことだったのです。
 
 

オンラインだからこそ、できることがある 

今回のオンライン合宿では、現地に来ていただくことができないため、その分をそれぞれのフィールドで実践してもらっています。 
 
実はこれこそが合宿のゴールなのです。 
 
リアルな合宿では、津南町での実践しか体験できないのですが、オンラインではそれぞれのフィールドで実践したものを一緒にフィードバックすることができます。 
 
いわば、合宿の先までフォローできるということになります。


実は今までの合宿に参加された方からも、なかなか日常で実践できないという声を聞いていました。 

オンライン合宿では、一度ご自身のフィールドで体験していただけるので、そのあとの自身での学びへも繋がりやすくなります。 
 
 
ですので、今まで合宿に参加された方で、日常に落とし込めない…という方にもオンライン合宿はオススメです。



汎用性のある学びを、ここから

このように、オンライン合宿で扱う学びは、何度でも、どこでも、いつでも活用できるものです。
 
私自身も折に触れて、合宿で使っているワークを実践しています。 
 
何度でも、いつでも、どこでもできるワークだからこそ、何度もやることで見えてくることがあります。 
 
今回のオンライン合宿で、私自身も改めてその大切さに気づくことができました。 
 
ご一緒してくださった参加者さんにも感謝です。 
(このワークは他者からのフィードバックもとても大切なのです!)
 
 
 
さて、そんなオンライン合宿は現在2期(11〜12月)を募集中です!
この機会にぜひ、ご一緒できたらうれしいです^^ 
 
 
詳細はこちらから
オンライン合宿2期 タイトル画像
 
 



 
 
 

 
 






友だち追加





柳の家宿泊予約バナー