Classic Lab~雪国の暮らしを紡ぐ、研究の日々

毎年3~4mの雪が積もる豪雪地に移住。夫は車で1時間半のこれまた豪雪地で別居、行ったり来たり生活中。雪国の知恵や暮らしのエッセンスを現代に紡ぐエッセイ。田舎暮らし、二拠点生活、古民家再生、地域おこし協力隊、地域の編集、家族とパートナーシップ、子どもといる暮らし。

カテゴリ: 雪国暮らし

なが~いGWもやっと終わりましたね〜。  みなさんはどんな日々を過ごしましたか?  私はというと、移住体験ツアーから始まり、この連休中はたくさんの方が柳の家を訪れてくれて、私の好きな景色を一緒に楽しむことができたことが、何よりうれしい日々でした。  それも ...

「ふわふわ」真っ青な空に、うすピンクの花の集まりがふんわり映えるわたあめみたいな雲ひとつない空に雲を描いたようなふわふわした花たち・・・三箇の桜も満開を迎え、やっと暖かい春がきたなぁという感じです。 人も生き物も動き出す、この季節。やっぱりうれしいですね ...

今日は久しぶりに雪が積もりました。日中もしんしんと降る雪……  雪国では、この時期「彼岸荒れ」と言い、  もう春だなぁと思った頃に、  再び雪が降ると言われています。     さて、今日は募集していた「諸岡家のはるやすみ」の応募締め切り日です。  本日2 ...

  春分の日を迎え、日が長くなったなぁとうれしくなる今日この頃。  津南町では雪もだいぶ溶けてきて、茶色い土が顔を覗かせています。  そんなここ何日かで、そこここで始まっているのが「雪下にんじんの収穫」  まだまだ真っ白な畑の中に「ポコッ」と箱型に雪がな ...

2月も早いもので半分が終わりました。 今週末はお隣の十日町市の雪まつり、市内いろいろなところに住民が作ったクオリティの高い雪像が現れる、あたたかく活気のあるお祭りです。 ここらへんでは、毎年この十日町の雪まつりが過ぎると、雪もピークを超え落ち着く…と言われ ...

↑このページのトップヘ