Classic Lab~雪国の暮らしを紡ぐ、研究の日々

毎年3~4mの雪が積もる豪雪地に移住。夫は車で1時間半のこれまた豪雪地で別居、行ったり来たり生活中。雪国の知恵や暮らしのエッセンスを現代に紡ぐエッセイ。田舎暮らし、二拠点生活、古民家再生、地域おこし協力隊、地域の編集、家族とパートナーシップ、子どもといる暮らし。

柳の家宿泊予約バナー

こわい まっくらな中をひとりで足を踏み入れるのは、こわい   キラキラ キラ 見えたと思ったら、まばたきする間に見えなくなる もう一度見たいけど、キラキラまぶしくてよくは見えない どんどん先へ先へと流れてしまう どこまで流れていくのだろう もう追いつけな ...

先月行った四国で、 図らずもマクロビオティック料理をいただく機会が二度もあった。 マクロビオティック料理をいただいたのは このときがはじめて。マクロビオティック料理というと、菜食主義のイメージがあったので、物足りなくならないのかな?と思っていたが実際に ...

諸岡江美子@marblemico「いまはいいけれど、子どもが生まれたらそうはいかないよ。」どこに行っても言われることば。それはそう言った人たちの経験をもとにしたことばでもあるから、嘘だとは思わない。思っているより、現実は厳しいと思う。でもそれは、したい暮らしや働き方 ...

リリリリリ…… ジジジジジ……キュッ キュッ ……あたりが少しずつ暗くなってくると、虫たちの声がよく耳に入るようになる。その心地よく静かな合唱のすきまから、パチッ パチッ という火が焚ける音がする。ゆらゆらと揺れる火を見つめながら「自分たちがどういうとこ ...

↑このページのトップヘ