2014年の春、新潟県妙高市にある「国際自然環境アウトドア専門学校」に入学しました。

妙高では、授業内外で様々な地域の方との出会いがあり、そのすべてが衝撃でした。

一緒に山菜を採りに行ったおばあちゃんは、
崖のようなところをあっという間に駆け下りていき、
かごにたくさんの山菜を詰めて戻ってきました。


近所で野菜を直売してるおばあちゃんは、
いつも白菜とかキャベツとかをまるまる1個おまけしてくれました。

 
蛍を見に行ったときに、たまたま話をしたおじさんは
それ以降何度も学校に野菜を箱詰めで届けてくれました。

IMG_5301

わら細工を教えてくれたおじいちゃんの手は魔法の手みたいで、
たった一粒のお米から、これだけたくさんの恵みをいただいていること、
捨てるところなく、その恵みを最大限生かして暮らす人々の「知恵」や「生き様」に感動しました。

IMG_6455


いつも耕運機リアカーみたいなのに乗って
通り過ぎるおじいちゃんとおばあちゃんは
ふたりともにこにこ仲睦まじくて
「あんな夫婦になりたいなぁ」と憧れました。


雪国で生きる人たちは、たくましく、しなやかで、あたたかかったのです。


そんな人たちの姿に、いつしか
「もっとここに生きる人たちのことを知りたい」
と思うようになっていました。



ですが、その頃の私は
表面的な部分しか見えていなかったし、
「体験」をしたにすぎず、


もっと地域に入り込んで、暮らしのあれこれを学びたい
と思いました。


また、自然保育について学ぶ中でも、
子どもの育ちを考えるときに
「保育」という面だけではなく、
一連の「暮らし」のなかでの「保育」を考えるようになっていました。


保育の世界に戻るとしても、
私はまず土台となる「暮らし」を豊かにすることが必要なのだと

もっと単純に言えば

「暮らし」をシンプルに見つめたい

という思いが1番でした。



それゆえ、私は雪国に残る選択をし
今はご縁があって、妙高と張る豪雪地「津南町」に住んでいます。


あの頃の思いは今も変わらず、
ぐんと地域に入り込んだ今は
雪国の暮らしの魅力にどっぷり浸かってしまいました(笑)








 






友だち追加





柳の家宿泊予約バナー